上部消化管の検査・・・胃部エックス線(バリウムX線)検査 健康診断・おまかせQ援・ドットコム

スポンサーリンク



★★東日本大地震(東北地方太平洋沖大地震)の被災の方々に心よりお見舞い申しあげます。
当サイトでも微力ではありますが、健康に関する有益な情報をご提供することでご協力できればと考えております。★★


2011年07月22日

上部消化管の検査・・・胃部エックス線(バリウムX線)検査



胃ガンの早期発見を目的に、勤務先や地域の集団検診など
で行われている検査をいいます。

別名:上部消化管エックス線検査あるいはバリウムX線検査



▼(YAHOO!知恵袋)日頃、エックス線検査に関わることで、
分かり難く、悩みの多い事柄の質問と回答のコミュニケーション
が多数出ています。

コチラから→●
YAHOO!知恵袋ーエックス線検査


■ 検査内容


胃に中を完全に空にした状態で検査を受けます。
検査前には、造影剤=バリウム(約130cc)と胃を
膨らませる発砲(はっぽう)剤を飲みます。
こうすることは・・・エックス線写真に胃の形が鮮明に
焼き付けられます。

【検査前の注意】

検査前日、夜9時ごろまでには夕食を済ませる。検査当日も
朝食をとらない。
飲食は禁止です。(のどが渇いたら口をすすぐ程度で
我慢すること。)タバコも禁止です。

【検査費用】・・・3000円以上

(健康保険3割負担での目安です。)
 # ただし、健康診療外の場合、4〜5倍の開きがあります。

【所要時間】・・・5〜30分未満


【痛みの程度】・・・
多少の負担のある痛みの検査
(バリウムX線検査などの検査程度)


■ 検査結果と数値


医師がX線造影写真の結果を見て、正常か異常箇所があるか
どうかを判断します。

・・・胃などの内壁の形状の変化によって、異常を判断します。


■ よくある悩みと症状


【検査でわかること】・・・


胃や食道、十二指腸の表面にバリウム液が薄く付着する
ことで、X線造影写真で表面の凹凸の変化が白黒の濃淡と
なって、写り出されます。
胃や食道、十二指腸のポリープ・潰瘍(かいよう)・ガン
などが発見できます。

▼隆起性病変(胃や腸などの壁が盛り上がっているもの)

例)胃ガン・ポリープ(過形成性ポリープ、胃底腺ポリープ)
・悪性リンパ腫(隆起型)胃静脈瘤(りゅう)など

▼陥凹(かんおう)性病変(胃や腸などの壁が凹んでいるもの)

例)胃ガン・悪性リンパ腫・胃潰瘍など

【疑われる病気】・・・


*胃ガン・・・

日本人に一番多いガン。診断法と治療法とは世界一の
水準にあると言われ、早期発見すれば、100%完治します。
(初期は自覚症状がなく、のちに胃潰瘍と同じような痛み
を感じる。)

*胃ポリープ・・・

胃粘膜の細胞増殖によりできる病変。
胃ガンになる確率は数〜数十%です。通常は経過観察となります。

*ピロリ菌・・・

感染すると、胃・十二指腸潰瘍の発生率が飛躍的に
上がる。胃ガンや悪性胃リンパ腫の発生に関係します。
治療は抗生物質を使用します。

=解決法=

■ 一般的な方法


【異常があったときの病院】・・・
消化器科

*アドバイス・・・

バリウムを飲むと便秘しやすくなります。検査後、
なるべく早く食事をして、医師からもらう緩下剤(かんげざい)
を飲み、便を出します。
バリウムの混じった白い便が数日内に出ますが
異常ではありません。
この検査は妊婦のかたは禁止です。
授乳中のかたは受けられます。



★関心をもたれた方は応援クリックお頼み申します。→ブログランキング.gif






アクセスアップ
posted by とと丸 at 16:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康診断ー胃・食道・腸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック