腰痛(ぎっくり腰)の原因と予防・改善方法について 健康診断・おまかせQ援・ドットコム

スポンサーリンク



★★東日本大地震(東北地方太平洋沖大地震)の被災の方々に心よりお見舞い申しあげます。
当サイトでも微力ではありますが、健康に関する有益な情報をご提供することでご協力できればと考えております。★★


2014年04月26日

腰痛(ぎっくり腰)の原因と予防・改善方法について

こんにちは!

ぎっくり腰は別名・急性腰痛症ともいわれて、経験のある人は激しい痛みに襲われて
その場から一歩も動けず、他人の力を借りて病院や治療院に運ばれたのではないでしょうか?
現代人にとって腰痛は文明病ともいわれ、成人の8割が経験しているとも言われています。

■腰痛(ぎっくり腰)の原因と体内でおこるメカニズム

このぎっくり腰(急性腰痛症)がおこる原因は内臓疾患などの特別なものではなく、
骨盤に近い背中の下部の筋肉の痛みによることがほとんどです。
突発的に起こる痛みは長期間にわたる疲労の蓄積が原因となって多くは引き起こされます。
その原因として・・・〇長時間のデスクワーク、〇立ち仕事、〇中腰での仕事、
〇車の運転、〇運動不足や肥満〇悪い姿勢などの生活習慣、〇ストレス、
ビタミン・ミネラルの不足などがあげられます。

上記のような筋肉の緊張によって起る腰痛は筋肉に疲労物質であるところの乳酸が蓄積することで
症状が悪化していきます。この乳酸は酸性物質のため中和するにはカルシウムが必要になります。
この場合に体内にカルシウムが不足していると、カラダの骨からカルシウムを溶かして乳酸を中和
しようとします。このことを「脱灰」といいます。そして、溶けだしたカルシウムが筋肉に過剰に
蓄積して、緊張状態が高まり、痛みの原因となるわけです。

■腰痛(ぎっくり腰)の改善と予防方法について

1.筋肉の刺激を和らげるためのカルシウムだけでなく、過剰なカルシウムを
除去するマグネシウム、疲労物質を分解してくれるビタミンB群の摂取が大切になってきます。

1.背骨を支える腹筋や背筋の筋力を高めることが腰痛の予防につながっていきます。
仕事の合間や就寝前のちょっとした時間を利用して、背筋を伸ばすストレッチ
毎日続けることがたいせつになってきます。
(特に、肥満気味の人は水泳やウオーキングなどで運動不足を解消したり、
食生活を見直して体重を減らす必要があります。)

⇒⇒YOU TUBE 動画 「世界一簡単なギックリ腰の回復法!こうしよう!」より

⇒⇒YOU TUBE 動画 「かんたん!自動整体! ぎっくり腰もびっくり!!」より


▼(YAHOO!知恵袋)日頃ぎっくり腰に関わることで、分かり難く、悩みの多い事柄の
質問と回答のコミュニケーションが多数出ています。

コチラから→●YAHOO!知恵袋で<ぎっくり腰>


★関心をもたれた方は応援クリックお頼み申します。→ブログランキング.gif


アクセスアップ
posted by とと丸 at 19:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康診断・予防医学情報  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック