食物の酵素とミネラル(クロム)とのダイエット効果の関係 健康診断・おまかせQ援・ドットコム

スポンサーリンク



★★東日本大地震(東北地方太平洋沖大地震)の被災の方々に心よりお見舞い申しあげます。
当サイトでも微力ではありますが、健康に関する有益な情報をご提供することでご協力できればと考えております。★★


2014年05月27日

食物の酵素とミネラル(クロム)とのダイエット効果の関係

こんにちは!

ダイエットにどうしても避けて通れないのが、食事制限ということになります。


カロリー制限することで、どうしてもビタミン、ミネラルが不足がちになります。
そこで、大切なポイントの一つが食物を生(なま)あるいは生に近い状態で摂ることになります。
ビタミンは特に熱や水に弱いものが多く、食物酵素においても過熱に弱い性質があります。

また、ここで食物酵素というものの重要性についても述べたいとおもいます。
酵素(アミラーゼ、ジアスターゼなど)は人間が食物(物質)を消化する段階から
始まって、吸収、輸送、代謝、排泄に至るまで、あらゆる過程に関係していて、
人間という生体が食物(物質)を変化させて体内の組織に利用するのに欠かせない
存在であるということです。さらに、ビタミンはこの酵素の働きを発揮させるための
補酵素の機能をもっています。

ですから、魚や果物、野菜を生(あるいは生に近い状態)で食べたり、海藻類、豆類を
毎日食べることでビタミンを効率よく摂ることができ、特に食物酵素を十分なカタチで
摂取することもでき、消化酵素として利用し食物酵素の役割である組織を回復させたり、
栄養分をつくる代謝酵素を効率よく使い、やせやすいカラダをつくります。
(注:発酵食品(納豆、味噌、漬物、キムチ、かつお節など)は
酵素がたっぷり含まれていますので毎日摂りたい食べ物です。)

ダイエットミネラル(クロム)

ダイエットをして、ただやせても健康的とは言えません。脂肪を落とし、
筋肉をつける細くても丈夫なカラダ作りが必要になってきます。
そこで、ここでの大切なポイントはミネラル(クロム)を含む食物を摂り、
運動も一緒に取り入れるようにすることです。
ミネラル(クロム)はブドウ糖耐性因子(GTF)の構成成分で、
GTFはインスリンと結合して、糖分を細胞に取り込みやすくします。
また、取り込まれたブドウ糖を脂肪細胞に貯めるようにではなく、
筋肉で運動エネルギーとして消費するように働きます。

(注:クロムはそば、ひじき、じゃがいも、豆類などに多く含まれます。
クロムは吸収されにくいミネラルなので、酢、梅干し、柑橘類などの酸が
含まれるものと一緒に摂ると吸収を助けてくれます。)

ダイエットは英語でDietといい、「美容・健康保持のために食事の量・
種類を制限すること」を意味します。
最近の「楽してやせられる、短期間でやせられる」という言葉につられて、
外見上やせることに注視しすぎるダイエットには要注意が必要になってきます。
ダイエットの目的は健康を維持することにあることを忘れずにいたいものです。


★関心をもたれた方は応援クリックお頼み申します。→ブログランキング.gif


アクセスアップ
posted by とと丸 at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康診断・お勧め情報  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック