子供の自閉症と腸内細菌との関連について 健康診断・おまかせQ援・ドットコム

スポンサーリンク



★★東日本大地震(東北地方太平洋沖大地震)の被災の方々に心よりお見舞い申しあげます。
当サイトでも微力ではありますが、健康に関する有益な情報をご提供することでご協力できればと考えております。★★


2014年07月08日

子供の自閉症と腸内細菌との関連について

こんにちは!

今回はアメリカ・アリゾナ州立大学生物デザイン研究所の研究者によって、
子供の自閉症と腸内細菌とは関連性をもっていることを発表されています。

■腸内細菌の自閉症の子供への影響についての検証

○研究内容         (「Plos One誌」に掲載されました)
研究チームは自閉症の子供20名と自閉症でない子供20名を対象に便のサンプルを
採取して、腸内細菌について分析をするというものでした。
分析で分かってきたことは自閉症の子供では腸内細菌の種類が有意に少なくなっていて、
重要な3種類の腸内細菌の数についても同様に有意に少なくなっていた。
このことは、有害な細菌に対する脆弱性が高まっている恐れがあることを示しています。
自閉症は軽症例から重症例まで存在する神経発達疾患で、社会への適応や
コミュニケーションスキルに影響を及ぼす病気です。

この研究について研究チームのリーダーのRosa Krajimalnik-Brown氏は次のように
述べています。
「このトピックに注目し始めたのは自閉症の子供では消化器系の問題を抱えており、
そのことは成人期になっても症状は続いいているケースが多いという事実があるからです。」
そして、また「消化器系の問題を管理すれば、自閉症の子供の行動が劇的に改善することは
これまでに複数の研究が示している。」とも述べています。
いずれにしても、この研究チームはこの種の研究が自閉症の診断、予防や治療法の向上
する可能性に役立つものであると述べています。


⇒⇒YOU TUBE 動画 「発達障害予防のおすすめ乳酸菌サプリ!」より

⇒⇒YOU TUBE 動画 「便と腸内細菌と血液の関わり」より


⇒⇒腸内細菌について述べています。

⇒⇒自閉症について述べています。


★関心をもたれた方は応援クリックお頼み申します。→ブログランキング.gif


アクセスアップ
posted by とと丸 at 11:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康診断・予防医学情報  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック